2006年01月27日

放置ポジション中間レポート

 昨日の日記で、外為どっとコムのNZD/JPYとAUD/JPYの二つのポジションについて放置実験を実施すると書きました。

 せっかく実験をするんですから、データを公開しようと思います。放置するのが目的なので、毎日というわけではなく、気が向いたときにレポートしようと思います。みなさんの参考になれば幸いです。

20060127.PNG
posted by 借金持ち父さん at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

外為投資は一時休止

 年明けに大きなプラスが出た外為投資ですが、いまは一時休止しています。

 FXonline の口座残高が底をついてしまったので、FXonlineをしばらく休止することにしました。完全に休止しているわけではなく、外為どっとコムはNZD/JPY、AUD/JPY、EUR/USDロングのポジションを持っています。EUR/USDはもう一度上げたら利確、その他は完全放置を予定しています。NZD/JPYロングは下げ圧力が強く短期的には微妙です。しかし不労所得実験室の名のもとに、放置実験をしてみようと思います。大きく下落してマージンコールになったら、そこで実験が強制終了させられるかもしれませんが。

 思い出せば、ニュージーランドは10年前に新婚旅行に行った国です。当時は単なる観光客だったので経済状況なんかほとんど興味がありませんでしたが、大規模な行政改革の直後のようでした。金利も10%超でした。でも、為替レートは80円/NZD程度だった記憶があります。結局は長〜〜〜〜〜い目で見ると、その程度の相場で落ち着いているんでしょう。いつかはきっと戻すはずです。

 長期的に見た場合、NZD下落要因はある程度の可能性があるかとは思いますが、円下落の危険性に比べれば微々たるものでしょうから、長期的にNZDを持つのは間違ってないと安直に考えています。日本の危険性については、去年「日本が破産する日が近い?」に書いたとおりです。

 もし、そういう状況になっていたら、日本はインフレが進んだりして、ほんの数日でインフレによる為替差益ががっぽりはいって、長期間ポジションしていたことによるスワップで稼いだのはカスみたいな金額になる可能性が高いかもしれませんね。

posted by 借金持ち父さん at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

外為ガッタガタ

 先日、ふたつの失敗という記事を書きました。

 実は、この失敗で運を逃してしまったのか、その後の取引のほとんどが裏目に出てしまい、口座残高がすっからかんになりつつあります。orz

 あの日のポジションがGBPの上昇を狙っていたものばかりだったため、GBPの急落でストップに当たったりして残高が減り、さらに残高が減ったあおりを食ってマージンコールが発生して続々とポジションが減ってしまいました。

 やはり、タネ銭が少ないと大きな投資ができないんですよね。考えてみれば当然のことですが。これも、金持ち父さんが言っていた「小さな失敗」のひとつなんでしょう、きっと。

posted by 借金持ち父さん at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

最近のクロス円で利益を出すのは難しい?

 世の中には為替アラートと呼ばれる情報があります。為替アラートは、為替相場の変化を読んで、通貨ペアに対する売買のタイミングを教えてくれる情報サービスです。

 外為どっとコムに口座を開設すると「石井正敏の為替アラート」というメールマガジンの配信を無料で購読することができます。金持ち父さんも、このメールマガジンを購読しています。外為を始めた当初は、どのように売買すればいいのかがよく分からない状況ですので、このメールマガジンを参考にしつつ取引をしていました。

 しかし!

 ほとんど利益を出すことができませんでした。そして、今ではこの為替アラートを参考にするのはやめてしまいました。ひさしぶりに最近のメールマガジンを読んでみると、ストップになっているものばかりが目につきます。中にはリミットにあたっているものもあるのかもしれませんが、ざっと眺めただけでは気付きませんでした。

 つまり、プロのディーラーでも、最近のクロス円で利益を出すのは難しいということなんでしょうね。

posted by 借金持ち父さん at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

ヤラレターーー!!

 昨日の夜の時点では口座残高は58万円ほどありました。しかし、今日、会社から帰ってFX Online Japanにアクセスしてみると、25万円程度まで減っていました。なんとわずか1日で30万円以上もマイナスです。

 今さらながらニュースをチェックしてみたところ、夕方に11月のイギリス貿易収支が発表されていました。

英11月貿易収支は予想49億ポンドの赤字のところ、59.66億ポンドの赤字でした。(18:30)


 この発表の直後からGBPが急落したことがチャートから読み取れます。その時間はまだ会社で仕事をしていたので、手の出しようがありませんね。

 この時点で持っていたポジションは、GBPの継続的な上昇を期待してGBPCHFのロングとEURGBPのショートをそれぞれ15万単位です。当然のごとく大打撃です。一気に口座残高が30万円も減ったのはこのためでした。まるで、年末にクロス円ロングばかりをポジションに持っている状態で、急激に円高になったときみたいですね。

posted by 借金持ち父さん at 01:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

ふたつの失敗

 今年に入って調子よく利益を出しているFX Online Japanでの外為投資ですが、ちょっと失敗をしてしまいました。

 利確で口座残高も十分に増えたので30万円を出金しました。これがひとつの失敗でした。FX Online Japanでは未確定の含み益までも保証金に含めて為替取引きができます。利益がでそうな通貨ペアに対して、すでに大量のポジションを持っていたのですが、この出金によって保証金がポジションの量に対してギリギリになってしまいました。そして、NY市場が開いたタイミングでの為替変動で一部のポジションが下がってしまい、保証金不足になってしまいました。これにより、一部のポジション、それも今後利益が出るのを期待していたEURGBPのポジションのひとつが自動的に決済されてしまったのです。

 これはまずいと思って、別のポジションを決済することにしました。決済したのは、十分に含み益を持っているのですが、今後は相場が反転しそうだと予測したNZDUSDにしました。これが二つ目の失敗です。考えてみれば、保証金が足りないのですから、含み損を出しているポジションを決済してもかまわなかったのです。相場が反転しそうだといってもすぐにそうなるとは限りませんし、さらに利益を出す可能性だってあったのです。実際、決済後にもNZDが少し上がっています。

 含み損を抱えているポジションを決済すれば、そのポジションが必要としている保証金分が余剰になりますし、その後別のポジションによって得られた含み益を保証金にして再度ポジションに入れればよかったのです。

 今後の取引で同じ失敗を繰り返さないよう、気をつけたいと思います。

posted by 借金持ち父さん at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

外為投資が好調

 外為投資の今年の目標として、目標は1年間で100万円と書きました。しかし、年が明けてからというもの、非常に好調です。すでに60万円以上プラスで、利確したものだけでも40万円近くなりました。この調子でいくと今月中に100万円の目標を達成してしまいそうな勢いです。

 ただし、今後も今までのように調子よく利益を出せる保証はありません。年明け時点のチャートがとても分かりやすく、利益をだせそうだったことと、たまたまその予想が的中しただけなのです。

 先日書いたように、GBPCHFとEURGBPのスワップを大切にしつつ、別の通貨ペアでもうまく利益を出せるようにしていきたいところです。

 最近は、通貨ペアが多い方がチャンスが多いと言うことが分かってきたので、より通貨ペアの多い会社にも口座を作り、そちらでも外為投資をしようと思っています。

 どこか通貨ペアが多くてお勧めの会社がありましたら教えてください。

posted by 借金持ち父さん at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

GBPCHFとEURGBP

 昨日の日記でGBPCHFロングをポジションに持ったと書きました。GBP上昇の雰囲気がチャート上で見えてきたので、さらにポジションを追加したところ、昨晩の相場変動ですべてのポジションがプラスに転じました。一気に5万円以上プラスになっています。(^^)

 もうひとつGBPがらみでEURGBPショートのポジションを1月3日から持っていたのですが、こちらもようやくプラスに転じています。こちらは2万円ちょっとのプラスです。EURGBPも今後はGBP高に大きく振れそうなので、月曜の朝にでもポジションを追加しようと思います。

 GBPCHFロングとEURGBPショートの両方ともプラススワップなので、長く持っても安心ですよね。

posted by 借金持ち父さん at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

スワップねらいのチャンス?

 現在、GBPCHFが過去1年でほぼ最低レベルにまで下がってきています。

 このGBPCHFは買スワップによる利益が大きい通貨ペアです。ここからどの程度下げるのかは分かりません。金持ち父さんは、まだ下がっている途中なので気が早いかなと思いつつ、ちょっと前にポジションに入れてしまいました。しかし、やはりまだ若干の下落。今のところ、1万円くらいのマイナスが出ています。まあ予想の範囲内ですが。

 ただし、下落の速度が鈍っていて、底に近付きつつある状況のようにも見えます。このGBPCHFの通貨ペアは相場の変化が非常に早く、上昇し始めるとあっという間に上がるので、買いのタイミングを逃してしまいます。以前の日記にも書いたときも、急激な相場変化がありました。

 今回は、これが底の取引相場と予想して、スワップねらいのポジションを持とうと思っています。

 昨年11月末に始めたFX Online Japanは、当初10万円で始めましたが、現在の口座残高は38万円以上あります。10万円近くへこんでいる外為どっとコムとは対照的です。

posted by 借金持ち父さん at 09:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

通貨ペアの選択肢が多い方がいいみたい

 外為どっとコムとFXonlineで外為取引をやっていますが、どうも外為どっとコムでは利益がでません。最近の円相場の不安定さがその原因なんだと思います。それに対して、FXonlineでは比較的安定して利益を出せています。

 なぜFXonlineの方が利益を出せているのかというと、通貨ペアの多さと、レバレッジの大きさによるものだと言えます。

 外為どっとコムで利益を出しにくいのは、EUR/USD以外の通貨ペアはすべてクロス円なのだからでしょう。クロス円ということは、世界的な相場に対する円の価値が相場に対して支配的なので、多少の違いはあったとしても、どの通貨ペアのチャートも同じような形になってしまいます。これに対して、FXonlineでは通貨ペアが多いので、チャートを見て通貨ペアを選ぶだけでトレンドにあった取引が可能です。

 もうひとつはレバレッジの違いです。外為どっとコムは10倍しかありませんが、FXonlineは最大で200倍が可能です。チャートを見て変動の確度が高いときは大きなレバレッジをかけられるので、大きな利益を出せます。

 システム的な違いもあります。外為どっとコムでは、持っているポジションでたくさんの利益を出していても決済しない限りは保証金として扱ってもらえませんが、FXonlineでは決済前でも証拠金として扱ってもらえます。証拠金が不足する状況に変化したときに自動的にポジションが決済されますので、利益分も証拠金として扱ってもらえるんです。

 このシステムは、より効率的な投資を助けてくれています。決済しなくても証拠金として扱ってもらえるので、あるポジションで未確定の利益が出ていれば、決済しなくてもその利益分を証拠金としてポジションを追加できるのです。(外為どっとコムではいくら利益が出ていても決済するか口座に証拠金を追加しない限りポジションを追加できません)

 FXonline、お勧めだと思います。

為替取引手数料ゼロ!FX Online Japan
posted by 借金持ち父さん at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

相場取引は感情に惑わされずに!(難しいけど)

 最近のクロス円の急激な変動によって、外為どっとコムとFXonlineの差が顕著に出ています。外為どっとコムではクロス円の通貨ペアばかりですので、FXonlineではクロス円以外の通貨ペアを中心に運用しています。

 外為どっとコムではクロス円でしか運用できないので、どの通貨ペアの相場も似たような動きをしているのはみなさんがお気付きだと思います。だから、先日の急激な円高では、クロス円ロングのポジションを持っていた人は残高を減らした人が多いのではないかと思います。私もその一人です。円高以来、多くの取引が予想に反したために、外為どっとコムの預り評価残高は、入金した額に比べて8万円ほど減らしてしまいました。

 これに対して、FXonlineは対照的です。10万円だけ入金して始めたのですが、現在の預り評価残高は10万円近く増加しています。その違いは、レバレッジ200倍の効果と通貨ペアの多さだと思います。多くの通貨ペアのチャートを見ていると「これは利益がでそうだ」という通貨ペアが見つからないことが少ないのです。それに対して、外為どっとコムでは微妙なチャートでもつい手をだしてしまいます。「取引しないのも相場」とは言いますが、資金を運用するために口座に入れているわけですから、予想が難しい状況でもつい取引をしてしまうんですよね。

 外為や株のような相場取引では、感情にとらわれずに、いかにドライに振る舞えるかが重要だというのがよく分かりますね。

posted by 借金持ち父さん at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

今朝もさっそく円高が進行

 会社に来てチャートをチェックしてみたら、9時過ぎからさらに円高が進んでいます。

 昨日の夕方にポジションに入れておいたNZDは、今日の午前3時半に81.0のストップにタッチして決済されていました。たまたま瞬間的な高値(または安値)でストップにタッチして決済されたのはこれが何度目でしょうか。ストップの設定の仕方は、もう少しカンを磨いた方が良さそうです。

 そのストップによって浮いた保証金をもとに、再度NZDのショートをポジションにいれました。あと、EURのショートもいれました。リスクヘッジを考えて、取引数量を半分にして通貨を二つにしました。


posted by 借金持ち父さん at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

すごい勢いで円高

 今日はものすごい勢いで円高が進んでいますね。実は今朝、FXonlineでUSDロングのポジションを入れてきたのですが、これは大失敗でしたね。まだ確認していませんが、すでにストップロスで決済されてはずです。2万円くらいは損失を出していると思います。

 一方、外為どっとコムではGBPとNZDをショートで持ちました。GBPショートを持ったあとでNZDショートのポジションを持とうとしたのですが、EUR/USDロングのポジションを持っていたために保証金が不足していてすぐにはもてませんでした。そこで、EUR/USDでは大きな収益は見込めないと判断し、3000円程度で利確しました。

 それからNZDショートのポジションを確保。結局、NZDを持つまでにかなりの時間がかかってしまい、その間にもNZDは1円以の下落。EUR/USDのポジションを見捨てるかどうか悩んでいる間に、大きな収益を逃してしまいました。現在はNZDは下落が止まっています。というか、ポジションに入れたときより20銭程度上げてしまいました。

 最初にGBPではなくNZDのショートを持つべきでした。そうすれば倍の収益が得られたんですよね。ちょっとした判断が、結果に大きく影響してしまいました。

posted by 借金持ち父さん at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

円の急伸と米ドルの急落

 昨日の為替相場は対円通過の大半で大きく変動しました。借金持ち父さんは、たまたま会社の息抜きのタイミングで大変動の中に参加できました。

 昨日の日記でも書いたように、大急ぎでAUD・NZD・CADの対円を決済しました。CADは1万円近くの利益をだせましたが、AUDとNZD分の損で相殺されてしまいました。

 その後、リアルタイムに落ちていくUSDとEURをショートで持ち、下がりきったところで決済して利益を出そうと努力してみました。しかし、例によって外為どっとコムでは急な変動の中ではなかなか約定できません。結局、かなり下がってしまった状態でなんとかポジションに入れることができました。

 しかし、その後は相場が安定してしまいました。反発したらまずいと考えて決済しました。頑張った割には、1500円の利益しか出せませんでした。しかし、夕方に再度円が急伸し、今日未明にも急伸しましたね。決済せずにそのまま持っておけば、一晩で数万円の利益が出せたんですね。惜しいことをしました。

 一方、FXonlineでは対円のポジションを中心に持っていたので、いつものように安定した相場の変化でした。たくさんの通過ペアを持つことは、リスクヘッジになることを痛感しました。FXonlineでは、GBP/USDをロングで持っているので、USDの急落を見て「ボーナスが入るかも!」と、ほくそえんでいたのですが、同時にGBPも急落していたためにほとんど変化がありませんでした。ちょっと残念。

posted by 借金持ち父さん at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

NZDとAUDの急落

 会社で息抜きにレートをチェックしていたら、NZDとAUDが急落しているのを発見してしまいました。速攻で現在のポジションを決済しました。しかし、既にかなり下がった状態です。両方合わせて約15000円の損が出ました。まあ、その程度で済んで助かったということでしょう。

 NZDもAUDもスワップが大きいので、急落することはないのではないかと思っていたのですが、予想が外れてしまいました。下がりきったタイミングを見計らって、再びポジションに加えようと思います。

posted by 借金持ち父さん at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

死守?

 ちょっと前から、サンプラザ中野の外為道場というブログを楽しみにしています。今日の記事は死守です。

 それって何か違うのでは?現在の資金を減らさないようにするには、投資をやめるだけで現状維持ができます。投資するのだから、常に殖やすことを目標にするのが前提です。それなのに、現在の資金よりも少ない金額を指して「死守」なんてのはちょっとヘンです。

 以前、株本というサンプラザ中野さんの書籍を紹介しました。当時、株式投資の勉強をしていた初心者にとってはいい本でした。そういった内容をサンプラザ中野の外為道場に期待してはいけないんでしょうかね?

 は! もしかして、今度は外為投資の本を書くためのネタを集めているのかもしれません。

posted by 借金持ち父さん at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

NZD急落の続き

 急落の反発を期待して買ったNZDですが、数時間維持した後で予想外の再度の下落です。片道手数料だけですむ今日のうちに処分しました。せっかく利確したのに、その利益の半分以上のマイナスが出てしまいました。(涙)

 やっぱりトレンドに従った取引が大切みたいです。

posted by 借金持ち父さん at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

NZDの急落

 今日の午前9時過ぎにNZDが急落しました。現在では少し戻していますが、昨日の最高値よりも1円ほど安い状態で推移しています。

 たまたま会社のコンピュータから見ていたので(こらこら)、NZDを1万2000円程度で利確しました。気付くのがもう少し早ければもっと利益を出せたのですが、仕事中だったのでこればっかりはしかたありません。

 その後もしばらくの間、下げ続けていったのも見ていたので、下がりきったところで再びリアルタイムで買い注文を出してみました。リアルタイム価格で注文を出していたのですが、為替の変動が早いためにレート違いのエラーになってしまって約定できませんでした。

 やっと約定できたと思ったら、その後はスプレッド+片道手数料分程度上がった状態で推移してくれています。結局、急落した後の反発で利益を出そうとしたのですが、失敗に終わってしまいました。まあ、いいタイミングで利確できたので良かったのかもしれません。

 ところで、この急落の原因って何なんでしょうね?

posted by 借金持ち父さん at 13:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トレンドに従ってみたら

 12月2日にトレンドに従った取引という記事を書きました。まだ2日しか経過していませんが、たまたまこの二つの通貨の円安が進んだので、両方で合わせて3万円以上のプラスになっています。

 決済しない限りは見えている収益も現実のものにはならないのですが、もうしばらく持ったままにしようと思っています。

 今日はどの通過も円安があまり進まなかったようで、昨日に比べてもあまり差がないですね。今持っているポジションは全部がプラススワップです。こういうときも、プラススワップのポジションだとあまり気にならないのがいいですね。マイナススワップだと為替変動がまったくなくても損益上はマイナスが出てしまうので、精神衛生上よくないというのを以前経験しました。

posted by 借金持ち父さん at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

外為を選択した理由

 ぴぴさんからコメントをいただきました。ありがとうございます。株ではなくて外為を選択した理由を書いてみようと思います。

 もともとは外為投資というものは知りませんでした。ちょっと前は、株式投資をするつもりで、いろいろな書籍を読んでいました。その当時は、このブログでも株式投資関連の書籍をいくつか紹介しています。

 そしていろいろな本を探しているときに外為投資の本に出会いました。そのころは先物取引の本も紹介していたりするので、いろんな投資について調べていたことがわかります。

 個人的に外為投資の書籍として一番お勧めなのはこの本です。

外貨で3000万円儲ける法

 この本の中でも外為投資のメリットを著者のドクター田平さんが説明しています。著者の方は最初は株式投資をやっていたそうですが、外為投資の方がリスクが少ないと判断したそうです。

 まずは世界中が同じマーケットで取引をしているのが大きなメリットだそうです。取引をするのであれば、小さい市場よりも大きい市場の方が取引の機会が多いのです。株式市場と違って24時間の取引が可能ですから、夜遅くまで仕事をしていても夜中にリアルタイムの取引ができます。23時以降はニューヨーク市場が開くので、もっとも活発に取引されています。

 また、株式取引に比べ、非常に多くの人や団体が取引に参加しているため、相場の動きが統計的に分析しやすいというメリットもあります。統計的分析に従う傾向が強いので、チャートによる相場予測がしやすいのです。もちろん、予測どおりに相場が動くとは限りませんが、確率的には的中する可能性が高くなります。

 どのチャートをどのように読めば良いのかについても、紹介した書籍に書かれています。

 リスク面でもかなり違っています。株式投資では株は企業が倒産するとたんなる紙切れになります。企業倒産はいつでもあり得ます。でも、外為では、その国の通貨の価値がなくなってしまうリスクは絶対にあり得ないとは言えませんが、非常に低いと言えます。

 投資のレバレッジ効果もあります。外為では外為会社にもよりますが、最大で200倍のレバレッジで投資することができます。これは株式投資ではできません。不動産投資では、不動産購入に銀行などからの融資を受けることでレバレッジを大きくできます。

 株式投資を考えるのもいいと思いますが、それより先に、外為投資を考えることをお勧めします。

posted by 借金持ち父さん at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする