2006年06月14日

USD急落

 USDが急落しました。待機されていた利確に当たったのでしょう。この急落に伴って、持っていたUSD買いポジションがすべてストップに当たって決済されました。

 どれも現在のレートに対してあまりマージンをとらずにストップを設定していたので、比較的たくさんの利益が出ました。が、急落する直前にわずかな時間で30銭ほど急上昇していることが分かります。この30銭を見てストップを設定していたら、もっと利益をだすことができたと思うとちょっと残念です。(^^;

 既に下げきったようなので、さっそくUSDJPYロング・USDCHFロング・EURUSDショートのポジションを再び持ちました。

 あと、前回書いた、追加したポジションですが、USDJPYは20銭のプラスで決済しましたが、USDCHFは30銭のマイナスで決済となりました。追加した結果としては、若干のマイナスが出てしまいました。(^^;

posted by 借金持ち父さん at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歓迎!USD再上昇

 数日前にUSD急落なんてのを書きましたが、無事復活してきました。しかも、下がる前よりも上昇を続けています。

 現在、USDはスワップも大きいので、安心して長期間保持できるポジションともいえます。USDの上昇はまだまだ続くと判断し、昨日はUSDJPYとUSDCHFのポジションを追加しました。この追加は、結果にどう影響を与えるでしょうか?

 他には、GBPCHFロングとEURUSDショート、NZDJPYロング、AUDJPYロングを持っています。これだけたくさんのポジションを持つと、いつもなら半分は損が出ているんですが、現在はめずらしくすべてがプラスになっています。(^^)

 USDは、どこまで上がってくれるでしょうか?

posted by 借金持ち父さん at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

FX mini キャンペーン

 借金持ち父さんお勧めのFX onlineが、FX mini キャンペーンを始めています。

 FX miniでは、仮想資金として500万円が与えられます。コンテストのスタートは7月3日です。それから2ヵ月後の9月2日に最も多くの仮想資金を持っている人が勝者です。

 賞品は、1位がMini Cooperです。おしゃれな車なので、一度は乗ってみたいですよね。2位はプラズマ液晶TVだそうです。プラズマTVなのか液晶TVなのか分かりませんね。どちらなんでしょう。3位はDELL デスクトップPC。4位〜20位がiPod nano。

 500万円の資金なんてわくわくしますよね。自分が扱っている資金の10倍もあります。つまり、いつもより1桁多い取引が可能なんですよね。ポジションをたくさん持つのもよし、ハイレバレッジで100万通貨単位のポジションを持つのもよし、です。

 100万通貨単位!!!

 FX onlineでは、注文のときに数量を0.1にすると1万通貨単位なのです。50万円の資金では数量を1.0にすることなんて滅多にありません。しかし、仮想資金ですから、10.0なんて数量での注文ができちゃいますね。クロス円で1銭動くだけで1万円、10銭では10万円、1円動くと100万円!!

 仮想資金の取引に熱中してやたら儲かって、その間にリアルがおろそかになって凹みまくったりして。


posted by 借金持ち父さん at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

USD急落

 数日前からいくつかのUSDロングのポジションを持っていました。今朝チェックしたときも10万円以上のプラスになっていたので、帰ったら一部を利確しようと思っていました。

 そして、つい先ほどアクセスしてみたら、USDが急落しているではありませんか!なんと10万円近くものマイナスが出ています。(涙)

 チャートをチェックしてみると、21時過ぎに急落していることが分かりました。雇用統計が予測よりもかなり悪かったんですね。

 やっぱり利確は重要です。今朝チェックしたときに利確していればたっぷり利益が出ていただけに、非常に残念です。

posted by 借金持ち父さん at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

高レバレッジ取引

 昨日も書きましたが、高いレバレッジでの取引を続けています。周期的な上下変動の谷で買って山で決済するとか、山で売って谷で決済して小さな利益を積み上げています。

 この方法では、レンジ内で相場が動いている限り、かなり高い確率で利益を出せています。この取引のポイントを説明します。

スプレッドの倍以上の振幅を持つ通貨ペアを選ぶ
 山の頂点と谷の底がスプレッドの倍以上の通貨ペアを選びます。なければあきらめましょう。「取引しないのも相場」です。スプレッドの倍以上の振幅がないと利益を出すのは難しいのです。

ストップロスを設定する
 ポジションを持っているときに、たまに相場の動きを変える指標などがあって、期待と反対の方に相場が動くことがあります。それによる大きな損失を防ぐために、相場の周期的変動レンジの少し外側にストップロスを設定します。

トレンドに従う
 ポジションを持つ前に、1日チャートで上昇と下降のどちらを示しているかを確認します。もし上昇傾向の場合、谷で買って山で決済するようにします。山で売って谷で決済というのはリスクが高いので避けるようにします。谷で買って山で決済した後は、次の谷が来るまでポジションを持たないで待ちます。1日チャートが下降傾向の場合は山で売って谷で決済するだけにします。

欲張らない
 谷で買って山で決済する場合、欲張らないのは大切です。欲張って「もう少し」とか思っていると、下がり始めるものです。前の山と同じ所まで上がったらそこで決済するくらいがいいようです。欲との戦いです。(^^;

posted by 借金持ち父さん at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

増えたり減ったり

 連休中から高いレバレッジでの取引を試しています。実験的なことなので、あまり利益を出せていません。

 GBPとの通貨ペアは、短時間で相場が大きく変化するので、その変化を狙って少しずつ利益を出そうと言う考え方です。高いレバレッジなので、相場が予想と逆に動くと大きな損失が出ます。こうなると気になるのがスプレッドです。FX Online Japanでは、GBPとの通貨ペアは10ポイントのスプレッドがあります。このスプレッド分がチャート上で見るとものすごく大きく見えてきます。FX Online Japanは手数料無料なので、レバレッジを上げて取引回数を多くして少しずつ稼ごうとする場合は、とても助かっています。

 幸い、今月の取引では5万円程度のプラスが出ています。実験的なことをやっている割には、いい結果がでているように思います。が、現在の正味損益はマイナス7万円。orz

 なかなかうまくいかないものです。

posted by 借金持ち父さん at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

決済は重要

 昨日のエントリで利確は重要という記事を書きました。今日はそれの発展形です。

 利確は重要ですが、ロスカットも重要です。では、利確でもロスカットでもない決済は重要ではないかと言うと、そんなことはありません。金持ち父さんの本の中でも繰り返し語られていますが、投資で重要なのは「出口条件」です。一般にはここまで利益が出たら利確するというのと、ここまで損益を出したところでロスカットすると言う二つの条件ばかりが目立っています。

 でもね、それ以外の出口条件があってもいいんです。きっとそうです。例えば、持っているポジションよりももっと利益を出せそうな為替ペアがあるけれども、保証金が足りない場合などです。そういう時は利益が出る見込みが低いポジションを決済し、期待できる別のポジションを持つことでしょう。

 とかなんとか書いている間に、危うく新しいGBP/CHFロングのポジションを持つタイミングを逃すところでした。(^^;

 さて、これからはチャートをにらむことにします。

posted by 借金持ち父さん at 02:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

利確は重要

 今日の夜10時過ぎのことです。GPB/CHFのポジションは、約5000円/1万CHFの利益が出ていました。そのとき、利確しようかなとも思ったのですが、トレンドは上昇方向だったので、そのまま放置しました。そして、ちょっと思うことがあって、1時間ほど買い物のために外出してきました。

 帰ってきてチャートを見てびっくりです。利益はほとんどなく、買値あたりで相場が動いています。

 はあ、出かける前に利確しとけばあれもこれもできたのに。もう過去のことです。投資は欲張らないことが大切ですよね。改めて実感しました。

posted by 借金持ち父さん at 02:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

外為どっとコムがレバレッジ拡大

 外為どっとコムから届いていたメールによると、外為どっとコムは、レバレッジを従来の2倍に拡大したそうです。メールの一部を引用します。


新規のご注文時にお客様がご選択していただくことによって、改訂前の注文時
の2倍(最高値で約20〜40倍程度)のレバレッジ率でご注文いただける機能を
追加いたしました。これにより改訂前の注文時の取引保証金と同額の金額で、
2倍の数量のお取引が可能となります。


 これは嬉しいニュースですね。いずれにしろ選択肢が増えるのは、投資する側にとってはいいことです。相場の見通しに自信があるときは、高いレバレッジをかけたくなるものですから、実際にそのように投資できるのは嬉しいことですね。

posted by 借金持ち父さん at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

オセアニア通貨の下落

 NZDとAUDのオセアニア通貨が派手に下落しています。いまさらかもしれませんが、強い下げトレンドを持続しているNZD/JPYショートのポジションを持ってみました。こんなに下げるとは思いませんでした。スワップを期待して、しばらくロスカットせずにがんばったのは失敗でしたね。

 ただ、AUD/JPYのポジションはまだ持ってたりします。AUDはそれ自体で下げに振れる強い要因を持っていなくて、NZDに引きずられて下がっているだけではないでしょうか。だから、必ず再度上がってくることが期待できると思っています。

 それから、USDの再上昇を期待して、USD/JPYロングとEUR/USDショートのポジションを持っています。でも、今のところは目立った変化はありません。数日後には結果が分かっているんじゃないかと思うのですが、どうでしょうかね。

 GBP/CHFもそろそろロングで持ってもよさそうな雰囲気がチャートに出ているような気がします。他の動きが見えないポジションを決済してしまって、GBP/CHFのロングを持ってもいいような気がします。

posted by 借金持ち父さん at 01:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

放置ポジションの決済

 放置していたNZD/JPYのポジションですが、先ほど決済されてしまいました。

 このポジションはずっと放置しておくつもりだったのですが、75円のストップを設定していたのをすっかり忘れていました。結果、3万円以上のマイナスでの決済です。

 それにしてもNZDは下がりつづけていますね。今日は全面的に円が上がっているようですが、何かそのように振れる要因となるニュースがあったのでしょうか?

posted by 借金持ち父さん at 15:18| Comment(3) | TrackBack(1) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

放置ポジションレポート

 久しぶりに放置ポジションのレポートです。

20060309.PNG

 スワップも順調に増えているのですが、円高がすすんだまま相場が戻らないので、為替差損にスワップが追いついてない状況です。

 NZD/JPY、これ以上下がらずに推移してくれるといいのですけどね。

 スワップ狙いで、今のレートでもポジションを仕込んでおくとどうでしょうか?まだまだ下がるのか、それとも上げるのか。先行きが読めませんね。

posted by 借金持ち父さん at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

祝!GBP/JPYとEUR/JPY上げ

 今日はGBP/JPYが1.5円、EUR/JPYが1円以上上昇しています。NZD/JPYも徐々に上昇しています。これで全ポジションのトータルでもプラスに復活していると思います。

 先日、ビビリ決済という記事を書きましたが、クロス円においては円安要因がたくさんあるだけに、常に円安に振れる可能性が高いといえます。だから、クロス円ロングのポジションで下落しても、再上昇を待つことで大きなスワップを得つつ、下落時のナンピン買いによって利益を獲得できるように思います。

 下落時にマージンコールが発生しないようレバレッジに注意していれば、低リスクで利益を得られそうですね。

posted by 借金持ち父さん at 13:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

外為投資するならFXonlineがお勧めです!

 現在、外為どっとコムとFX Online Japanを利用していますが、この二つの会社を比較すると、明らかに FX Online Japanの方が利用者にとって有利な条件を提供していることに気付きました。

 例えば、NZD/JPYについて比較してみましょう。





買スワップスプレッド手数料
160100円
14681000円/1万


 スワップと手数料を見れば、FX Online Japanの方が有利なのは一目瞭然ですね。スプレッドはFX Online Japanの方が大きいですが、手数料との相殺を考えれば、FX Online Japanの方が有利なのは考えるまでもありませんね。

 NZDショートの場合を考えて見ましょう。スワップはマイナスなので少ない方が有利なのですが、1万NZDを取引した場合、往復で2000円の手数料がかかります。スプレッドによる差は200円ですので、1万NZDの1往復では、FX Online Japanの方が最初から1800円有利なのです。売スワップの差は1日あたり16円ですから、スワップの差額で1800円の差を埋めるには100日以上かかってしまいます。その間に相場やスワップが変動して状況は変わってしまうでしょうし、そもそもマイナススワップのショートポジションで100日以上なんてのは通常はあり得ません。

 チャートの見易さや操作性も外為どっとコムよりもかなり優れています。持っているポジションが相場のどこなのか、リミットやストップもチャート上に表示されます。リミットとストップは黄色、ポジションは収益がマイナスなら赤、プラスなら青で表示されますので、一目見ただけで分かります。

 リミットやストップを設定するときも、設定したレートでの収益(損益)が分かりやすいのが助かります。

fxonline.png

 いちいちシミュレーションの画面でチェックしないといけない外為どっとコムとは、比べるまでもありませんね。

posted by 借金持ち父さん at 00:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

たくさんのポジションでリスク分散

 FX Online Japanでは、100倍のレバレッジで運用できます。100倍とは、10万円を口座に入れておくと1000万円相当のポジションを持つことができると言うことです。

 それで、いくつかのポジションを持ってリスク分散していたつもりでした。多くのポジションを持てば、確率的には半分のポジションがプラスになり、残りの半分がマイナスになるはずなんですよね。

 ところが、今回の円高とそれにつられた相場変動にやられてしまいました。クロス円以外のポジションがマイナスを出していたところに、クロス円の暴落によって全部ポジションのほとんどがマイナスになり、GBP/YENとNZD/YENの暴落によってマージンコールが発生してしまいました。その結果、この数日で20万円近く凹んでしまいました。(;_;)

 ここ数日のマイナスによって、外為投資の収支がプラマイゼロに近づいてしまいましたよ。

posted by 借金持ち父さん at 00:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

放置ポジションレポート

 昨日から円高が進んでいます。スワップもそれなりに増えてきているのですが、あまりに急激に円高が進んだので、ポジションの損益はすっかりマイナスにへこんでしまいました。

 今後はもっと下がるんでしょうかね?スワップが1日あたり150円とすると70日程度で10000円になりますから、下がり続けない限りはいずれプラスに転じてくれることを期待していますが、どうなることでしょう。

 放置実験すると決めたこのポジションだけは、1年以上放置し続けることをお約束します。このポジションから、長い目で見た投資についての価値を考え直せるかもしれません。

20060223.PNG
posted by 借金持ち父さん at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

ビビリ決済

 外為投資をやっていると、自分の予想と逆に相場が動くことは頻繁にあります。その動きが急なときには、ロスカットのつもりで決済してしまうことがよくありました。

 しかし、思い返してみると、ちょっと予想に反して下がったことにびっくりして決済した後、再び戻すことが多いように思います。データを取っているわけではありませんが、なんとなくそのような気がします。そういった、予想に反する相場の動きを見て、もっと損が増えるのを嫌ってあわてて決済することを「ビビリ決済」と命名したいと思います。

 思い起こしてみれば、今まで何度もビビリ決済でたくさんの損を出しています。決済した後に相場が予想通りの方向に動いたことは数知れず。

 ストップ注文は出しているのですが、ストップに至る前の時点でビビって決済してしまうのですよね。決済した後にチャートを見てみると、実はその時点がほぼ底値で、決済しなかったら翌日には利益が出ていたなんてのも記憶にたくさんあります。

 というわけで、今後は「ビビリ決済」をしないよう心がけたいと思います。もしかすると、為替差損が増えてしまうかもしれませんが。

posted by 借金持ち父さん at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

放置ポジションレポート

 多忙のため更新がとまってしまい、申し訳ありません。久しぶりに放置ポジションのレポートを出して、お茶を濁しておきます。(^^;

20060210.PNG

 前のレポートで書きましたが、AUDは決済してしまいました。こうやってみると、もともとスワップ狙いでポジションを持っておき、予想外に上がったら決済して利確するのもいい作戦かもしれませんね。ただ、その方法では投資の機会が非常に減ってしまうのが難しいところですが。

posted by 借金持ち父さん at 10:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

外為投資と難平買い

 ドクター田平の本には、順張りがいいと書かれていました。だけど、株式投資の本には逆張りで難平買いがいいと書いています。

 同じ投資なんですが、外為投資と株式投資は違うようです。そこで、外為投資で難平買いにチャレンジしてみました。だって不労所得実験室ですから。実際のところ、しばらくの間ですが、難平買いにチャレンジしてみました。その結果報告です。

 やはりですね、外為投資では難平買いはダメです。株式投資と違って、下がったから同じ資金でたくさん買えるというメリットがないことが大きな理由でしょうか。それと、底値が見えにくいんですよね。

 もう少しの間だけ難平買い実験をやってみることにします。ただ、これまでの様子から見ると、外為投資では、逆張りではなく順張りの方が利益を出しやすいと言うところでしょうか。

 また、後日レポートしたいと思います。
posted by 借金持ち父さん at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

放置ポジションレポート

 先日の日記で書いた、外為どっとコムの放置実験のレポートを掲載します。

 外為どっとコムで放置しているポジションNZD/JPYとAUD/JPYのポジションですが、AUDがかなり上がってしまいました。なんとなく決済したい気分です。NZDの方はそれほど上がっていないので、まだまだ放置し続けるつもりですが、AUDはもう少し上がると決済してしまうかもしれません。(^^;

20060131.png

posted by 借金持ち父さん at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 外為投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする