2007年11月19日

驚異的に汚い部屋

 またまた久しぶりの更新です。前回の日記(2ヶ月ぶりに書いてるのに日記と呼べるんだろうか(^^;))退去キターで書いた部屋についての続報です。

 まずは退去の立会い。一応、部屋の汚損などがあった場合は別途見積もりを出させてもらうってことで、リフォーム屋さんにも立ち会ってもらうことにしていたのです。リフォーム屋さんから少し遅れるとの連絡があったので、マンションの建物の前でお茶を飲みながら待機。

 リフォーム屋さんが来るまでの間、住人の方と外で話してたんですが、仕事の都合で1年ほど前から住んでいなかったとのこと。だから部屋がかなり汚れていると言われました。引越しの荷物は持ち出した後で、雑誌などの不用品が散らばってるから、それは実費でかまわないから処分してもらいたいと言われました。リフォーム屋さんと相談しましょうと回答。しばらくするとリフォーム屋さんが到着。住人の方と3人で部屋に向かいました。

 玄関をあけてみてびっくりです。汚れ方が半端じゃないです。まず床。ゴキブリの糞が一面に散乱しています。住人の方が靴を脱いで上がったんで、自分も靴を脱いで上がりましたが、いなかったら土足で上がってます。そのくらいひどい。トイレも風呂もとても使える状態じゃない。見ただけで気分が悪くなりそうなくらいに汚れているんです。一応写真もあるんですが、公開するのが憚られるほどひどい。

 部屋のクロスもあちこちに黒い汚れが付着。ゴキブリの糞で汚れているのです。とてもクリーニングだけでは綺麗になりそうにない状況。リフォーム屋さんも開口一番「クロスは全部貼り替えですね」と。トイレとお風呂の汚れも通常の美装では無理なので、美装業者に見積もりを取らせてくださいとのこと。通常のハウスクリーニングなら2万円程度で済ませられるんですが、今回はなんだかすごいことになってきました。

 とりあえず、その日のうちに見積もりが出せない状況になったので、住人の方には(会社契約なので)会社と相談させていただくということにして、引き取ってもらうことにしました。リフォーム屋さんも美装業者が来ないと見積もりを出せないので、一旦その場はお開き。

 家に戻る途中で写真を撮っておいた方がいいと思って、部屋に戻りました。すると、リフォーム屋さんが既に部屋の中にいました。土足で。(笑)

 そこでリフォーム屋さんとの打ち合わせ。できるだけ早く貸したいので急いで欲しいと伝えると、1週間以内で終わらせるとの回答。9月下旬には入居の募集を出せそうだったので安心しました。

 翌日、会社の担当の方に連絡し、「汚損が激しいため見積もりも出せない状態です。敷金だけで復旧できそうにないので、申し訳ないんですが超過分を請求する可能性が高いです。」と伝えておきました。

 続く・・・


posted by 借金持ち父さん at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産投資
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL