2006年03月10日

GoogleAdSense代替広告の原因記事を特定する方法

 自分のブログにアクセスしてみたら、GoogleAdSenseが表示されるはずのところに、Amazonの広告が表示されていました。

 なにかGoogleさんに気に入られないことでも書いたのでしょうか?といっても、最近は不動産投資と外為の話しか書いていません。リンク先でGoogleさんの気にさわるところがあったのかもしれません。不思議です。

 GoogleAdSenseの仕組みは、記事の中のキーワードをGoogleさんが調べ上げ、その記事に最適な広告を選定してくれるのです。ところが、Googleさんが気に入らないキーワード(例えば公序良俗に反するような言葉)があったりすると、公共広告を選んでくれるらしいのです。

 つまり、Googleさんが気に入らない記事を特定するのは簡単です。それぞれの記事ページを表示してみればいいのです。さっそく個別の記事を表示してみました。すると「戸建の内見」という記事でAmazonの広告が出ています。他の記事ではAdSenseを表示していますので、Googleさんは「戸建の内見」という記事がお気に召さないようです。

 さて、この「戸建の内見」の中のどのキーワードが気に入らないかを調べてもいいのですが、今書いているこの記事をアップすると、トップページから「戸建の内見」が追い出されますので、投稿後はAdSenseが表示されることが期待できます。カテゴリページや過去ログページではきちんとAdSenseを表示しているようなので、とりあえずは問題なしということにして調べるのはヤメにしときます。


posted by 借金持ち父さん at 11:13 | Comment(0) | TrackBack(2) | アフィリエイト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


Google Adsenseの収入をタダで11倍にした方法
Excerpt: わたしもご覧のとおりAdsenseを張っています。 シーサーブログには初めから同じようなものがついていますが はっきりいって無意味です。 みなさんもAdsenseに張り替えましょう! 確かにこち..
Weblog: 無料レポートでアフィリエイト時給¥5000♪
Tracked: 2006-03-11 19:56

アドセンスでこれをやったらアウトです!
Excerpt: よんで字のごとし。 Adsenseの規約違反を犯してアカウントが削除されないために 守らなければならないことが書いてあります。 儲かる方法だけでいいよ… そう思わずに、まずよんでおきましょう! ..
Weblog: 無料レポートでアフィリエイト時給¥5000♪
Tracked: 2006-03-11 19:59